ホーム > CSR活動

CSR活動

社会から信頼される企業であり続けるために
社会的責任を果たしていきます。

考え方と推進体制

イーピーエスは、臨床試験の受託等を通じて医薬品・医療機器の開発をサポートしています。新薬開発に携わり、また人財を最大の経営資源とする事業特性を踏まえ、コンプライアンス、品質保証、情報セキュリティ、人的投資を特に重視して事業を営んでいます。

企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility: CSR)に対する社会的要請が一層高まる中で、より体系的な、バランスの取れたCSR活動が必要です。そこで、イーピーエスはCSRの強化に向けて、国際標準に則した活動を目指して、国際標準化機構(International Organization for Standardization: ISO)のISO26000「社会的責任に関する手引き」に準拠してCSR活動の継続的改善に努めて行きます。

イーピーエスのCSR活動の枠組み

イーピーエスの基本理念

価値あるソリューションの創出を通じて、健康産業の発展に貢献します。

図_イーピーエスのCSR活動の枠組み コンプライアンス 人的投資 品質保証活動 情報セキュリティ

CSR重点活動

1コンプライアンス

コンプライアンス委員会が中心となって、コンプライアンスを徹底していくための体制整備や施策の実施を推進しています。

2品質保証活動

CRO業務は、安定したサービス品質の確保がとりわけ重要です。イーピーエスでは、品質マネジメント委員会が中心となり、品質保証活動に関する課題を検討し、品質マネジメントシステムの改善、教育研修による従業員の品質意識の向上等を図っています。

ISO 9001:2008/JIS Q 9001:2008 認証ロゴ
認証規格 ISO 9001:2015/JIS Q 9001:2015
認証取得事業者 イーピーエス株式会社
認証登録範囲 医薬品、医療機器、特定保健用食品等のCRO業務
認証有効期間 2016年12月9日~2018年12月8日

3情報セキュリティ

CRO業務は、お客様の開発にかかわる情報や被験者情報等を取り扱うため、情報セキュリティがとりわけ重要です。イーピーエスでは、品質マネジメント委員会が中心となり、情報セキュリティインシデント低減のための施策を検討し、情報セキュリティマネジメントシステムの改善、セキュリティの強化、教育研修による従業員のセキュリティリテラシー向上等を図っています。

ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014 認証ロゴ
認証規格 ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014
認証取得事業者 イーピーエス株式会社
認証登録範囲 医薬品、医療機器、特定保健用食品等のCRO業務
認証有効期間 2015年12月9日~2018年12月8日

4人的投資

臨床試験等の受託や専門スタッフの派遣を主業務とするイーピーエスにとって、人財は最も重要な経営資源です。人財を会社の財産ととらえ、その育成に早くから力を注いでいます。一般研修、専門研修、部内研修という3つの柱で研修体系を確立し、高い技能とビジネス志向を持つ人財を育成しています。

研修体系の概要

  • 一般研修
    社会人としてのビジネスマナー、基本的な業務遂行・管理のスキル、人事評価等、各階層に求められるマネジメント力の向上と期待される役割の認識を目的とした階層別研修、およびそれに付帯するCSR、コンプライアンス、FCPA、語学等の目的別研修
  • 専門研修
    CRO 業務の各種職務遂行に必要な専門知識(科学的・臨床的知識、法規制等の知識、専門技術および技能等)の習得を目的とした研修。基礎的研修として全職種で共有する全社共有専門研修と、職種ごとに実施する職種別専門研修
  • 部内研修
    上記のほかに、事業部・部署ごとに実施する所管業務に必要な教育研修

関連リンク