ホーム > ママさん社員座談会

ママさん社員
座談会

モニタリングのプロとして
責任ある仕事につきながら、
育児もきちんとしたい――
そんなママさん社員4人が、
仕事のやりがいや職場環境について
語り合いました。
(座談会実施:2016年8月)

プロフィール

モニタリングリーダー

C.O

2006年入社。2010年に産前産後休暇・育児休業(以下、産休・育休)を取得。2011年に復職後、アシスタントモニター、モニターを経て2013年から現職。(フルタイム8時間勤務)

モニター

M.S

2007年入社。2014年に産休・育休を取得。2015年に復職後、アシスタントモニターを経て2016年からグローバル試験でモニターに復帰。8月からプロジェクトリーダー業務の引き継ぎ準備を開始。(時短7時間勤務)

モニタリングリーダー

H.E

2007年入社。モニタリング業務を経て2011年、2014年に産休・育休を取得。2015年に2回目の育休から復職後、現職。(時短6時間勤務)

アシスタントモニター

Y.H

2009年入社。2014年から産休・育休を取得し、2015年10月に復職。目標はモニタリングリーダー。(時短6時間勤務)

モニター職の面白さとやりがいが、パワーの源。

H.E
私がモニター職を希望したのは医薬品が市場に出る前の開発を担当したかったからです。昨年2回目の育休から復帰し、今は複数のモニターを束ねるモニタリングリーダーを務めています。現在、6時間の短時間勤務ですが、日帰りで盛岡まで出張に行く時もあります。
Y.H
短時間勤務で遠方への出張ができるんですか?!
H.E
私は職場結婚で、主人が同じ部署にいるので、お互いの予定を割と調整しやすいんです。出張に行く日は子供を主人に任せて、朝の6時頃の新幹線に乗って盛岡の病院へ行き、仕事を済ませて夕方には東京に戻ってきます。
C.O
私もリーダーをやっていますが、出張は行きますよ。さすがに泊まりとなると難しいですが、日帰りで行けるところであれば家庭内調整でなんとかして…。つい最近も姫路まで行ってきました。
Y.H
そういう働き方もできるんですね。私は、薬学出身ではありませんが、大学では疫学や統計学を中心とする研究室にいたので、モニタリング業務に惹かれて入社しました。
いまは育休明けで内勤業務ですが、機会があればぜひモニタリングリーダーを経験したいと思っています。
今日は、実際に育児とモニタリングリーダーを両立している方に会えると聞いて、楽しみにしてきました。いろいろ勉強させてください!
M.S
私は、もともと製薬業界を目指していましたが、その中で自分には研究よりも開発のほうが向いていると思ったのが入社の理由です。育休が明けてから、半年間の内勤を経てモニターに復帰し、いまはプロジェクトのリーダー業務にシフトするための引き継ぎ準備を進めています。
C.O
私は薬剤師の仕事にも魅力を感じていましたが、今ある薬だけでは治らない患者さんがたくさんいることに気づき、医薬品開発という仕事があることを知ってイーピーエスに入社しました。今はフルタイム勤務でモニタリングリーダーをしています。
M.S
育児しながらフルタイムは難しくないですか?
C.O
今は9時半から18時半がベースで、子供を迎えに行くのに19時が退社のタイムリミットです。そのため限られた時間内で仕事をする集中力がつきましたね。
H.E
私は2回目の育休の後は、すぐにモニタリングリーダーとして復職しました。
Y.H
すぐにリーダーですか? 不安はありませんでしたか?
H.E
2回目の復職なので働き方のイメージがあったこと、一からの立ち上げではなく後継リーダーとして入ったプロジェクトだったことからなんとかできたと思います。ただ、初めて手がける「医師主導」の治験だったので、もちろん不安はありました。
Y.H
それは、すごいですね。
H.E
「自信はありませんがやってみます」と上司に話したら、「もちろん私もフォローするよ」と言ってくれましたので。
M.S
それは、心強いですね!
H.E
でも、実際にやってみると本当に大変(笑)。家に帰ってからも仕事のことがずっと頭から離れず、決して楽な日々ではありません。でも、ひと段落してトータルで業務を見直した時にはチーム一丸となって進めたこと、成果物がお客様から高い評価を受けたこと、部長から褒めてもらったこと等が思い出され、「やってよかった」と大きな達成感を味わうことができます。モニタリングはそんな仕事だと思います。
M.S
確かに仕事はハードですね。体力勝負。私みたいに動きまわるのが好きな人のほうが向いているかもしれません。
Y.H
私は仕事があまりにもスムーズに進んでいると「本当にこれでいいのかな」と逆に心配になってしまいます。目の前に次々と高いハードルが出てきて、それを越えようと努力し続けるところが私のやりがいになっていると思います。
でも、リーダーは責任も重いし、個人のやりがいや自分の限界に挑戦する精神論だけでは務まらないのでは? リーダーの業務量をどうやってこなしているのですか?
C.O
私は仕事に優先順位をつけて進めるようにしています。こうした仕事の進め方はリーダーだから、ママだからというより社会人であれば誰でも意識するべきことですが、モニターの頃はなかなかできませんでした。リーダーになって大量の業務を担う必要に迫られて、ようやく実践できるようになったと思います。
同時に、リーダーとしてやるべき仕事以外はできるだけほかのメンバーに任せています。それが人を育てることになるので。
H.E
私もなんでも自分で抱え込まず、できるだけチームのリーダー補佐にお願いしています。「この部分を調べておいて」「こういう書類を作っておいて」などと依頼すると積極的にやってくれるので、ありがたいですね。リーダー補佐もリーダーを目指す立場なので、早くからリーダー業務を経験しておくことは今後の成長につながります。
C.O
人材育成もリーダーの大切な仕事ですからね。

いつも周囲への感謝を忘れずに。

C.O
友人や子供の同級生のママさんの話を聞いていると、産休・育休、時短勤務などの制度が整っていても実際には利用しにくい会社がまだまだあるようです。その点、イーピーエスは、いろいろな制度を安心して使える環境が整っているので、とても心強いと感じます。
H.E
子供の体調が悪いと保育所から電話がかかってきますが、職場の同僚に「大丈夫ですか! お迎えに行ったほうがいいんじゃないですか」と言ってもらえることもあります。
Y.H
社内にママ仲間も多いですしね。
C.O
多くなりましたね。数年前に私が出産した時は1フロアに1人くらいでしたが、どんどん仲間が増えてきました。
M.S
イーピーエスには、いわゆるイクボスも多いですね。産休・育休中も会社の状態を定期的に連絡してくれたのでスムーズに復職できました。
C.O
私の場合、上司が育休明けからのキャリアプランを一緒に考えてくれました。アシスタントからモニター、そしてリーダーと、タイミングよくレールを敷いてもらえて、とても感謝しています。
Y.H
産休・育休中も上司と連絡を取って、復職後のキャリアプランについて相談しておくことは大切ですよね。それが復職する時のモチベーションになりました。
M.S
会社もモニターに復帰させるタイミングを考えてくれていると思います。復職直後は不安もあって内勤を希望する人が多いですから・・・。
H.E
私が仕事を続けていられるのは、会社や上司の理解、チームメンバーや家族の支援など周囲のサポートが常にあるからこそ。本当に感謝しています。
C.O
H.Eさんは育児でも役割分担ができていますね。朝はパパが保育園に送って、帰りはママが迎えに行くというふうに。
H.E
私は毎朝6時半過ぎに家を出ているんです。
C.O
早いですね!
H.E
子供は6時に起こして、ご飯を食べさせて、着替えさせて……後は主人に「お願いね」と任せて会社に向かいます。私は1人で全部はできないと思っているので、家事もしっかり分担しています。実家が近いので親にヘルプを頼むこともあります。仕事にも通じますが、なんでもあまり頑張りすぎないことですね。夕飯も、昨日は野菜をしっかり食べたから今日はお肉中心でもいいだろうというように。完璧を求めず、無理はしないと割り切っています。
C.O
皿洗いは食器洗い機がやってくれますから!
H.E
本当にそうです。そして普段から助け合える環境を作って、自分が大変な時は我慢しないでサポートをお願いすることです。

新しいことにどんどんチャレンジして
成長していきたい。

C.O
いま、当社では「創薬」ばかりでなく、新薬として発売された後の使用データを収集・蓄積して、より安全性・有効性の高い薬へと育てていく「育薬」の仕事が増えています。製薬企業の方にとって自社の薬剤は子供のようなもの。わが子をどうやって育てていこうとしているのか、リーダーになってクライアントである製薬企業の戦略を聞く機会が増え、その熱い想いもよく理解できるようになりました。クライアントに応えるために自分が何をすべきかを知った今、より大きなやりがいを育薬の仕事に感じています。
Y.H
私は、医療機関をはじめいろいろな役割の方とコミュニケーションをとり、架け橋となることがモニタリングの面白いところだと思っています。
C.O
最近はグローバル治験が増えて海外の方や文書と接する機会も増えています。
M.S
確かにそうですね。私は英語が苦手でしたが、半年前からグローバル治験にもかかわるようになって、英語で書類を書いたり、英語の書類を読んだり…。やれば、なんとかなるものです。
C.O
テレフォンカンファレンス(電話会議)では、とにかく話さないと議事が進行しないので、下手な英語でも積極的に発言するようにしています。
M.S
テレフォンカンファレンス! 私はまだ参加したことがありません。
C.O
グローバル治験の比率が半分を占めるようになってきたので、きっとすぐに、皆さんにも機会がめぐってくると思います。経験のない仕事は大変ですが、国内・海外を問わずモニタリングの仕事にはやりがいと大きな責任を感じます。
H.E
データを見ていてもそうですね。抗がん剤の試験で腫瘍の縮小がデータ上で見えてきた時は、本当によかったなと思います。
M.S
そういうモニタリングの仕事が私はなによりも好きなので、これからもずっとかかわっていきたいと考えています。実を言うと、以前は時短勤務のモニターが職場にいなかったので、復職後は内勤しかないと考えていました。私も含めて先例となる人が大勢出てきて、復職後の時短勤務でモニターをやることが当たり前になればいいと思います。
Y.H
そうですね。私にとって直近の目標は、いまかかわっているプロジェクトでモニタリングリーダーになることです。
そのためにはまだまだ多くのスキルを磨かなくてはいけません。2人目も考えていますが、もっと経験を積んで復職後の自分のキャリアをより明確に描けるようになってからだと考えています。
今日は、ママさんリーダーに出会えて、本当によかったです。またモチベーションが高まりました。
C.O
モニタリングリーダーを3年経験してプロジェクトを担えるようになってきたので、次はもう少し規模の大きいプロジェクト、あるいは複数のプロジェクトを管理できるようになるのが私の目標です。
入社10年目になりますが、これから5年先、10年先を考えた時、やはり現状維持ではなく、マネジメントにシフトしたり、これまでと違う職種を経験したり、自分の可能性を拡げるためにもいろいろなことにチャレンジしていきたい。常に貪欲に、ひとつ上のポジション、ひとつ上のスキルの獲得を目指したいと思っています。
H.E
私は新規案件を獲得するためクライアントへの提案を進めています。昨日がプレゼンでしたが、心臓が飛び出すかと思うくらい緊張してしまいました(笑)。提案書作りは短期集中で、既存のプロジェクトと並行して進めたこの1週間はかなりきつかったですね。でも、提案が通って新規の仕事がスタートすれば、また新しいチャレンジが始まります。今は期待いっぱいで、とてもワクワクしています。