ホーム > ニュースリリース > バーチャル治験を推進する「バーチャル治験タスクフォースチーム」の発足

ニュースリリース(詳細)

イーピーエス株式会社と土浦市、包括連携協定を締結

2021年4月14日
イーピーエス株式会社

イーピーエス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 佐々 明)は、本日、土浦市(市長:安藤 真理子)と緊密な連携と協力により、健康増進を中心とした土浦市民の安全・安心な暮らしの確保及び地域社会の活性化を目的とした包括連携協定を締結しましたので、お知らせいたします。

イーピーエス株式会社と土浦市は、それぞれが有する知見や人的・物的資源を有効に活用し、各種事業を推進することで、地域の様々な課題に迅速かつ適切に対応するために、包括連携協定を締結いたしました。 今後、本協定の締結により、両者が相互に連携を行うことで、災害時及び市内の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種体制を迅速に構築・強化するなど、地域住民の健康増進に資する事業を中心に連携を進めてまいります。また、将来的にはグループ会社である株式会社イーピービズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 西塚 淳一)と連携し、耕作放棄地の活用や障害者雇用による農作物の6次産業化支援等も視野に入れております。

<包括連携協定の詳細>

現在、人口減少や超高齢社会が現実のものとなりつつあり、行政だけで地域社会が持つすべての課題の解決を図ることは、困難となっています。そこで、さまざまな地域課題を検討し解決するため、地方自治体と企業の各種連携協定の締結が増えています。 イーピーエス株式会社におきましても、土浦市と以下の9項目について協定を締結いたしました。

  • (1)災害対応に関すること。
  • (2)メンタルヘルスに関すること。
  • (3)障害者支援に関すること。
  • (4)各種感染症対策に関すること。
  • (5)各種検診に関すること。
  • (6)各種疾病対策に関すること。
  • (7)医療関係情報に関すること。
  • (8)農業推進に関すること。
  • (9)その他,市政の効率的,効果的な推進に関すること。

私たちイーピーエス株式会社は、健康産業に貢献する企業として、災害対応、各種感染症対策及び障害者支援を中心とした各種連携により、土浦市民の安全・安心な暮らしの確保と地域社会の活性化に取り組んでまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】

イーピーエス株式会社
管理センター 総務室 広報担当
E-mail: koho@eps.co.jp