統計解析

多くの専門家の知識と経験をもとに統計解析計画の立案と解析処理を実施します。

統計解析とは、収集されたデータを、生物統計学の手法を用いて客観的に評価し、治験薬の効果を統計学的に証明する業務です。統計解析計画の立案から治験デザイン、症例数設定、収集データの解析・評価、解析計画書の作成までを行います。

イーピーエスの統計解析の強み

1高品質

ダブルプログラミング、ダブルチェックによりプロセスを保証することで、解析プログラムならびに結果の品質を保証しています。

2高い専門性

CDISC(Clinical Data Interchange Standards Consortium)標準への対応、多様な統計手法の実装、薬物動態解析の実施等各種の専門的な対応が可能です。

3スピーディ

豊富な経験に基づいて、短期間で精度の高い解析を実現します。

受託実績

業務内容

統計解析の計画立案から解析結果の報告までフルサポート

図_統計解析の業務内容
図_統計解析の業務内容

イーピーエスが擁する多数の専門家の幅広い知識と経験をもとにデータを解析し、有効性・安全性に関する適切な評価を行い、薬剤の特長を導き出します。解析処理だけでなく、統計解析の計画立案から、CDISC標準に対応した成果物の作成、薬物動態解析の実施、解析結果の報告まで、一連の業務に対応します。臨床試験はもちろん、製造販売後調査や様々な臨床研究の統計解析にも豊富な実績があります。

主なサービス

  • プロトコール作成支援 (統計関連部分の記述、目標症例数の設計、CDISC標準対応確認含む)
  • 統計解析計画書作成
  • 解析用データセット作成、帳票作成、各種仕様書作成
  • CDISC標準-SDTM・ADaM作成、各種メタデータ等の周辺成果物作成
  • 薬物動態解析の実施
  • アダプティブデザイン・中間解析の検討・実施
  • 総括報告書の作成支援(統計関連部分の記述)
  • 申請資料作成(CTD対応)のための統計解析の実施
  • 医療情報データベースを用いた統計解析の実施
  • 統計解析業務に関する各種コンサルティング