ホーム > サービス・業務案内 > 症例登録 > 症例登録(薬剤割付)

症例登録(薬剤割付)

数多くの薬剤割付を実施してきた実績から柔軟かつ正確な薬剤割付を提供します。

イーピーエスの薬剤割付の強み

1柔軟性と正確性

多種多様な薬剤割付を実施してきた経験をもとに、依頼の内容に応じた柔軟かつ正確な割付作業を実施します。 薬剤等の識別不能性確認、およびご要望に応じて置換ブロック、ラテン方格等を用いたキーコードを作成することができます。

2高効率

経験豊富なスタッフにより、効率的な作業が可能です。

3Webの活用

エマージェンシーキーの開示については24時間有人対応のほかに、IWRSを利用したWeb上でのエマージェンシーキーの開示の提供が可能です。

受託実績

業務内容

キーコード、エマージェンシーキーコードで盲検性を維持

図_薬剤割付の業務内容
図_症例登録の業務内容

盲検試験において、キーコードの作成およびキーコードに基づいた治験薬への割付作業、エマージェンシーキーの作成を行うとともに、製造販売後調査を含む臨床試験の終了時までキーコードを保管し、盲検性を維持します。また、緊急時のエマージェンシーキーの開示、および24時間の緊急受付業務にも対応できます。

主なサービス

  • キーコードの作成、保管
  • 識別不能性の確認作業
  • エマージェンシーキーの作成
  • 治験薬の割付作業(治験薬GMPに則った提案も可能)
  • エマージェンシーキーの開示業務(24時間有人対応・IWRS対応)
  • 24時間緊急受付業務

症例登録