バーチャル治験

イーピーエスがバーチャル治験をサポートします

イーピーエスは一元的な窓口となり、バーチャル治験・DCT(以降「バーチャル治験」)の導入・運用をサポートします。
バーチャル治験を推進するためのツールやシステムのオプションを多く取り揃え、疾患領域や試験デザイン、またその他のご都合にあわせて、その試験に最適な治験運用を提案します。

イーピーエスの「Virtual Go」構想

イーピーエスは、これまで培ってきたデータサイエンスに関する専門性や豊富な経験・実績をもとに、バーチャル治験を推進していく「Virtual Go」構想を推進しています。

イーピーエスの「Virtual Go」構想のイメージ
  • モニターが施設へ訪問しなくてよいバーチャル
    従来の治験ではモニターが施設へ訪問して対応していた業務について、質を担保したまま遠隔化することで効率化や負荷軽減を実現します。
  • 被験者が施設に来院しなくてもよいバーチャル
    被験者が施設に来院する必要のある一部のvisitを除き、オンライン診療やウェアラブルデバイスなどの導入を行うことで、被験者の来院頻度を減らし、被験者の利便性や満足度の向上を実現します。

イーピーエスが考えるこれからのバーチャル治験の1日

イーピーエスが考えるこれからのバーチャル治験の1日を動画にしました。
ぜひご覧ください。